« 2016.12/4市景 vol.2 | メイン | 東日本大震災義援金箱、ご報告 »

2016-12-09

<2016.12/4市景 vol.3>

<2016.12/4市景 vol.3>

-

-

あまりに寒すぎると、手が動かせないのでは、、と

心配していたワークショップも、

あたたかな日差しの下で、大盛況。

Dsc_0806

Dsc_0652

Dsc_0654

いろんな個性的な鳥が誕生。

Dsc_0674_2

237a1108

糸が生まれる瞬間を見てもらえたら。とひらいた

初めてのワークショップ。

237a1111

kaonさん。

落ち着いているように見えますが、

本当はアタフタ。らしい。

237a1109

237a1136

Dsc_0830

TEDUKURI NO STAFF

たまさんpresents

WORK SHOP

237a1060

クリスマスにぴったり!の企画だったせいか、

4時間大賑わい。

Dsc_0828

237a1101

その場限りの、値段のお安いワークショップ。ではなく、

こどもの創造を豊かに育むような、

親にとっても気づきのあるワークショップにしたい。というたまさんが

思いを込めて、コツコツと準備を進めてくれました。

237a1048

(水色のニット着ているのが、たまさん!)

237a1085

237a1046

見守ることの難しさ。

段取り。手順。

いろいろと反省点だらけ。を次に繋げて、

これからも豊かなワークショップ、ひらいてゆきます。

Dsc_0762

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

Dsc_0763

TEDUKURI NO STAFF 

kotanさんpresents

WORK SHOP

237a0930

「市のロープを編もう!」

市の備品をお客さまにつくってもらう。というやや無茶ぶりな企画で、

参加してくれるひと、いるかしら、、?と少し不安でしたが、、

Dsc_0778

お子さんをはじめ、

237a1074

たくさんの方が編んでくださいました。

どこにもない素敵なロープが生まれましたよ。

-

まだまだ長さが必要なので、

これから開催ごとにコツコツと。

ワークショップ継続してひらきます。

-

小さな市の彩りとなりますように。

Readyfor88c493e022082cc83r83s815b

この夏に製作し、

237a0881

インフォメーションブースにて販売していた

『TEDUKURI NO BOOK vol.1』

237a0854

表紙合わせて42P。

ページ数の少ない、BOOKと名乗るには、

あまりに薄っぺらいものにも関わらず、

諸々の事情で、値段は立派、、(自覚しています。)

-

そんな中でも手にとってくださり、

「ずっと通っています。応援していますので、頑張ってくださいね。」と

伝えてもらえたこと。本当に本当にうれしくて、心に染みました。

237a0898

市を目前に控える中、

旦那はトラブル続きの仕事を抱え、

食べれず、眠れず、日に日にやつれていき、

私は私ではるととどうしても上手く向き合えず、

すっかり憔悴。どうしてあげたらいいのかもわからない中、

はるとといっしょに卒園した友達のお母さんが

長い闘病生活の末に、亡くなったという連絡も届いたことが

あまりにも辛く、「生きるのって、こんなに苦しかったかな。」と

泣いてばかりいました。

-

本当に弱い私たち。

こんなにボロボロな状態で、市ができるだろうか。

不安を抱えて迎えた当日の朝。

眠ったか、眠っていないのか、よくわからないまま、

到着した天満宮。

-

まぶしいほどの光が舞い降りる境内。

力強くまっすぐ伸びる参道に立ったとき、

パチン。とスイッチが切り替わったように思います。

-

続々と到着する出展者さん、スタッフさんたちの顔に。声に触れるうちに、

エネルギーが渾々と湧いてくるようで。

この市は私たちの生きるエネルギーそのものなんだと、

改めて思いました。

-

たくさんの方と出会い、大切なものを交換しながら、

積み上げてきた市。

多く存在する市の1つ。だとしても、

私たちにとってはかけがえのないもの。

-

12月の市。

たのしもう。と決めて、心の底からたのしんだ。

ほんとうにたのしかったー。と思えたことに

ほんとうに救われました。

-

2時ぴったり。頬に落ちてきた雨粒のことも、

この時に感じた気持ちもきっとずっと忘れない。

-

もっともっとよい市にしたいなぁ。

もっともっとたのしく。だけど、

それは一過性のものではなく、

後々にじんわりと日常に染み出してくるような。

生きるエネルギーを与えてくれる場所に。

-

毎日いろんなことがあって、

いろんな気持ちが交錯するけれど、

どうしようもなくて立ち尽くしてしまったとしても、

その全てをエネルギーに変えて。

-

「ただただ続けてほしい。その一点に尽きます。」

その気持ちにずっと応えていけるように、

来年も精進してゆきます。

安易な場所からは安易なものしか伝わらないから。

思いを込めて。

-

この市に携わってくださった全てのみなさまに

感謝しきれないほどのありがとうを。

-

今までも、そして今回も本当にありがとうございました。

-

-

-

38_WORKS. 宮井貴弘 美咲

-

-

-

ーーーーーーーーー

237a1036

インフォメーションブースにて設置していた

「東日本大震災義援金箱」のご報告や、

次回開催の案内など、この次へつづきます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/488074/34015433

<2016.12/4市景 vol.3>を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

38_WORKS.

<38/W.PHOTO>

撮影スタジオ38_Field.

道明寺天満宮手づくりの市

NEXT 2017.3/20(月・祝)

出展申し込み受付   2017.1/9(月)〜 1/15(日) 詳細はHPでご確認ください。

product by 38_WORKS.

a day