« Ippo ippo / くりや | メイン | mimi senka / irocomono »

2012-11-06

Rap!Rap! /

息子、熱が下がり食欲が出てくる。
明け方にいきなり嘔吐した時は、
そりゃビックリしたけれど、
もう少しゆっくりしていたら、大丈夫かなー。

っと言っている私の方が何やら風邪の気配がしてきたので、
今日は2人でゴロゴロ。

素人の私にデザインの依頼をいくつかいただいて、
頭をひねくり回す日々。

知らないことも多過ぎて、
調べながらの1つ1つの作業。
話の中から、アイデアが見つかる。
macがあれば、それらしく出来てしまうデザイン。
それらしくやっているようでも、
自分の詰めの甘さや未熟さを十分わかっているので、
あぁ・・と何とも情けない気持ちになりますが、
1つ1つ与えてもらった機会に
今出来ることを精一杯すること。

それしかないのかなー

12月の旦那の写真展でも、
旦那の写真からイメージした言葉やグラフィックを私がのせて編集して。
と、写真だけでは完結しない、
私たち夫婦の表現を探ってみたいので、
あれやこれやとこちらも頭をひねくり回しております。

それがありふれたものであろうが、なかろうが、
好きな風景をぐっと掘り下げていきたい。

そんな今日のご紹介は、
ブローチの台紙をデザインさせてもらったこの方から。。

●Rap!Rap!●

アルミや真鍮などの金属を用いて
鍛金技法をつかって、さまざまなものをつくっておられるRapさん。

1枚の金属の板を切り抜き、
柔らかくするために、バーナーで加熱。
金槌で叩き、鎚目を入れながら、
強度を高めていきます。
それを何度か繰り返した後で成形し、
ヤスリで整えて仕上げて完成。

機械を使わずに、1つ1つ手づくり。道具もつくられるそう。

そりゃあ、肘を傷めても不思議ではありません。
(山田さん、野球肘と診断されたそう・・)

お料理が好きな山田さんが使い心地にこだわってつくる
お玉やフライ返しなどの台所用品や、
スプーンなどのカトラリー。

平皿やリム皿など種類や大きさもさまざまに揃えたうつわなど、
実直な暮らしの道具の数々。

その一方でつくるオブジェやブローチ。
こちらは頭のまた違う部分をつかって、
楽しみながらつくっているんだそう。

中でもブローチは、
依頼されたものから、山田さんご自身でスケッチしたものまで、
1点ものに近い形で次々と生まれて、
もう100種類以上はつくったのでは!?の大人気アイテム。
種類の違う金属を組み合わせたり、鎚目を変えたり。と
凝りに凝って出来上がる2cmほどの小さなブローチを
大きな身体でコツコツとつくっています。

そんなブローチの台紙には、
ブローチが出来上がるまでの工程や、
今までたくさん聞かせてもらった山田さんのものづくりに対する思いを
英文におこし、ブローチをぐるりを囲むように配置。
主役であるブローチの舞台をつくるような、そんな気持ちで。

伝統技法である鍛金技法。
だからといって、手の届かない伝統工芸品にするのではなく、
もっと身近に感じてもらえるものをつくりたい。
冷たい金属が手を加えることによって温かいものへと変わる、
そんな金属の魅力を知ってもらいたい。

主役のブローチに山田さんの思いに寄り添えるもの。に
おつくりした台紙がなれたらいいなーと思っています。

12月の市では、ブローチコーナーが設けられるかも!?
ぜひぜひ手にとって見てみてくださーい。

今週の日曜日は「箱本手仕事市」に出展されますよー。

Rap!Rap!    → 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/488074/30207155

Rap!Rap! /を参照しているブログ:

フォトアルバム

38_WORKS.

<38/W.PHOTO>

撮影スタジオ38_Field.

道明寺天満宮手づくりの市

NEXT 2017.3/20(月・祝)

出展申し込み受付   2017.1/9(月)〜 1/15(日) 詳細はHPでご確認ください。

product by 38_WORKS.

a day