2016-03-26

<2016.3.21景vol.3>

 

237a3556

「木の下の古絵本やさん」では、

たくさんの絵本をずらり並べましたが、

終わる頃には、ほとんどなくなってしまいました。

237a3480

読まなくなった絵本を持って、

交換に来てくださった方もたくさんで、

ぐるぐるぐるぐる。

持って来て下さった絵本が、そのままどなたかへと手渡される。

そんな風景もあり、とてもうれしかったです。

(売り上げの4.750円は、

東日本大震災義援金に充てさせて頂きます。)

-

-

そして、スタッフ / ユウコさんの絵本読み聞かせ。

計3回行いましたが、どの会もちびっこたちでいっぱい。

237a3533

Img_4275

237a3551

Img_4278

237a3488

また、やるからねー。

237a3344

237a3347

237a3348

237a3385

237a3515

237a3527

237a3529

237a3391

237a3397

これからも、

ここにいるひとりひとりの物語が

237a3401

ちゃんと届きますように。

237a3408

237a3411

Dsc_7119

237a3433

237a3434

Img_4239

237a3441

237a3319

237a3447

237a3512

237a3448

237a3452

237a3463

237a3468_2

237a3471

237a3499

237a3498

237a3501

午前中はとくに人が多く、

ゆっくり見ていただくことが叶わなかった方もおられるかと思います。

楽しみにして来てくださったのに、、申し訳ありません。

多分、いままでで最多来場数だったのではないかと予測しています。

(数える方法がわからないので断言はできませんけど、、)

季節によっても差がありますし、

午後からは比較的ゆっくり見ていただくことが出来るかと思いますので、

(飲食はほとんど売り切れとなっていることが多いですが、、)

どうぞこれに懲りず、、また遊びにいらしてくださいね。

-

この市を愛してくださる方たちといっしょに

この市をつくりつづけていけることがほんとうにしあわせです。

-

もちろん、イヤになるときも、

打ちひしがれるときもありますけど、、

そんなことも全て力に変えて、

自分たちを信じてまっすぐ進んでいきたいです。

-

この市に携わってくださった全ての方に、

心からの感謝を込めて。

(東日本大震災義援金につきましては、後日報告させていただきます。)

237a3548

(この日のまかない by SAIの春ちらし)


スタッフのみなさまにも、

私たちの段取り不足のせいで、

毎回のことながら、あれこれたくさんフォローしていただきました。

-

今回も反省点多し。

これを次にぜひ生かして、スタッフたちと

より充実した気持ちのよい場所を

つくっていきたいと思います。

-

と、そこで!

次回5/29(日)の開催が、

スタッフのお子さんの運動会と重なることから、、

-

-

///////////////////////////////////

次回5/29(日)開催限定のスタッフを

1~2名、募集します!

///////////////////////////////////

”道明寺天満宮手づくりの市”を

訪れてくださったことのある方。

HPやブログ等を通読され、

空気感やテーマがご自身の生き方とリンクする部分が少しでもある方、

まだまだ未完成のこの市と、

まだまだ未熟な主催人をおもしろがってくださる方、

今回はスタッフとして関わってみよう。という

出展経験のおありな方でも、

全く何ができるかわからないのですが、な方でも

小さなお子さまがいらっしゃる方でも、

-

いっしょに楽しみましょう!

-

-

ただし、4/16(土)にひらくスタッフ作戦会議に参加出来ることを

条件とさせていただきます。

まずは、メールにてどうぞお問い合わせくださいませ。

tedukurinoichi@gaia.eonet.ne.jp

28日月曜日からは出展申し込みの受付も

はじめますよー。

-

-

主催 / 38_WORKS. 宮井貴弘 美咲

2016-03-25

<2016.3.21景vol.2>

Img_4222

スタートの10時前には人・人・人。

飲食物が早々に売り切れ。となることもあってか、

みなさまには申し訳なく思っています。

ただ、会場への来場時間が回を重ねるごとに早まりつつあり、

やや混乱が生じ始めていることから、大変申し訳ありませんが、

入場時間の制限等、今後対策を検討したいと思っています。

10時からのスタートに合わせて、ご来場くださいますよう、

改めましてご理解/ご協力お願い申し上げます。)

Img_4262

春の訪れを

Img_4247

たくさんのひとたちと

Img_4248

分かち合う。

237a3562

237a3510

237a3508

Img_4259

237a3418

Img_4244

237a3570

237a3568

237a3573

237a3382

237a3368

237a3354

237a3352

 

237a3330

237a3387

237a3435

Img_4240

お客さまに声を掛けて、

食べる前にパチリ。撮らせてもらいました!

Img_4238

Img_4235

237a3482

こっそり激写。を

こっそり激写。される。

237a3581

出展いただくたびに、

濃縮されていく世界観。

-

もっと見たい。

これからも見たい。

そんなひとたちばかりだから。

Img_4231

Img_4226

237a3578

237a3576

237a3563

237a3575

237a3473

237a3543

237a3467

237a3458

237a3455

237a3439

237a3440

夢中で走り続けている間に、

いつのまにか、長い年月が経ったんだなぁ。と、

ふと思う。

237a3476

この市での手伝いをきっかけに、

育まれた家族があったり、

237a3513

遊びに来ていたときには、見つかっていなかった

表現のカタチを見つけ、

出展者としてこの場所に立ったり、

237a3437

新たな表現のカタチを見つけたり、

導かれるように変わっていったり、

237a3516

もう会うことのできないひとや、

この場所から離れてしまったひとたちのことを

ふと切なく思ったり、やっぱり感謝。だったり。

生まれてくるいのちを待つ場所。だったり。

-

ぐるぐるぐるぐる。

この場所には何て不思議な力があるのだろう。

237a3503

春のひかりがもう眩過ぎて

237a3506

いろんな気持ちが合わさった

涙が溢れてしまいそうだ。

-

-

-

<2016.3.21景vol.3へ>

2016-03-24

<2016.3.21景vol.1>

お天気の心配なく、迎えた春の市。

旦那とスタッフ / ユウコさんが撮影したお写真に加え、

今回は私もちょこっとカメラを借りて撮ってみました。

それぞれの市の風景をごちゃまぜにしてお届けします。

-

道明寺天満宮に到着するのは、いつも7時頃。

旦那とつむぎは軽トラックで、

私とはるとは自転車で、

朝のひかりと冷たい風の中をきゃっきゃ言いながら向います。

237a3322

今回の市より登場!となった、

てづくりくん写真パネル。で出展者さんをお出迎え。

-

お出かけで見かけると私は必ず顔を出したくなる。

市に遊びに来てくださったひとたちに

楽しんでもらえたらなぁ。で

市の2日前に完成。

Dsc_7078

あぁ、

Dsc_7080

いつも

Dsc_7093

わくわく。

Dsc_7084

Dsc_7083

市が立ち上がっていくこの時間。

237a3325

237a3329

237a3333

蜂蜜屋さんのアトリウム38さん。

237a3331

よく見たら、テーブルクロスも

ハニカム柄!

237a3339

237a3346

237a3342

237a3355

237a3365

237a3511

前日は緊張して眠れなかった。というaeiさん。

愛知より車で2時間。無事に到着でひと安心。

家から5分の私たちにとっては、

奇跡のようにありがたいこと。

237a3377

237a3378

237a3380

237a3384

237a3386

237a3392

237a3402

237a3403

237a3416

237a3419

237a3430

237a3423

237a3451

237a3454

237a3456

237a34561

237a3462

237a3464

237a3561

Dsc_7095

Dsc_7096

Box


この日のためにナボットさんにおつくりしてもらった

ピクニックおやつBOXも2種類到着。

Img_4229

237a3410

会場のあちらこちらに春をしつらえて、

いよいよスタートです。

-

それにしても何だかお客さまが、

いつもに増して多くないかしら!?

-

-

-

<2016.3.21景vol.2>へ

-

-

-

Tedukuri

2016.5/29(日)の開催の
出展申し込みの受付は、
2016.3/28(月)〜4/3(日)の期間で行います。

-

詳細はHP内「出展募集について」をご覧ください。

2016-03-22

ありがとうございました!!

Thank

昨日はきらりと晴天。

無事に開催を終えることができました。

春の訪れをみんなで待ち望んでいたように、

たくさんの方に足を運んでいただき、

とてもうれしく思っています。

-

いつも以上の人出に、

いつも以上に早く飲食物が売り切れてしまったり、

駐車場が混雑してしまったり、

ゆっくりブースを見ていただくことが出来なかったり、

で、申し訳なく思うこともたくさんありましたが、

-

たくさんの方の笑顔が境内に溢れかえっていて、

もうすっかり楽しんでしまいました。

(夜の7時半には寝てしまいました。しゃべりすぎたー)

-

どうか、こうやって、うれしい市を長くつづけていけますように。

私たちの願いを叶えてくださるみなさまに

たくさんのひとに、場所に、

感謝の気持ちでいっぱいです。

-

このたびもほんとうにありがとうございました。

-

-

主催 / 38_WORKS. 宮井貴弘 美咲

-

-

---------------------------------------------------------------------------

即効性、瞬時性のある情報の流通が主。

になりつつあるこの頃に、

のんびりアナログで申し訳ないですが、、

明日以降、市の風景をお届けします。

また、来週3/28(月)〜4/3(日)の期間で、

次回5/29(日)開催の市の出展申し込み受付を

行いますので、どうぞよろしく!でございます。

2016-03-20

お知らせ

明日、出展を予定していた

Img_20151125_113829

「acoさん」と

Takekago

「竹かご屋さん」が、

事情により明日出展出来なくなりました。

-

楽しみにしてくださっていたみなさま、

大変申し訳ありません。

-

この日に向けて、製作に励んでくださっていたので、

お2人方もとても残念です、、と。

-

また、みなさまにお会い出来るように。と

次回以降の市に出展を振り替えていただく予定です。

そのときにお会い出来ることを

どうぞ楽しみにしていてくださいね。

-

-

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

-

◎ご来場は電車で!

開催直後、駐車場はとても混雑し、

駐車して頂くまでにお時間がかかる場合があります。

近隣にはコインパーキングもありますので、

ご利用をご検討くださいませ。

◎市は10時からスタートですよー。

10時以前のブース立ち入り/作品閲覧は、

どうぞお控えくださいませ。

出展者のみなさまの準備の妨げとなりませんよう、

気持ちのよい開催にどうぞご協力いただけますと幸いです。

◎売り切れの際はごめんなさい!

飲食ブースにおいては、

ご負担のない範囲での製造をお願いしています。

つくるひとの身体と心、どちらも健やかであってこその

おいしいもの。ですから。売り切れの際はどうぞご容赦ください。

また、出展者ののみなさまは、

つくったものを丁寧に伝えたいと願っています。

購入までお待ちいただくこともあるかと思いますが、

列の整備にはTEDUKURI NO STAFFがあたりますので、

どうぞあたたかな気持ちでお待ちくださいませ。

-

Boxpop

--------------------------------------

3.21presents

TEDUKURI NO ピクニックおやつBOX

--------------------------------------

321a3

同時開催です!

月曜日は定休日。のお店も臨時オープンですよー。

明日はぐるりと道明寺。

めいっぱいたのしんでくださーい。

-

では、みなさまのご来場を

心よりお待ちしております。

気をつけていらしてくださいねー

-

-

2016.3.21の市のこと

いよいよ明日!

明日、いよいよ市の日。

Boxpop

--------------------------------------

3.21presents

TEDUKURI NO ピクニックおやつBOX

--------------------------------------

菓子工房ナボットさんに特別につくっていただく

おやつBOX。

-

何度も再考してもらって、

ようやく決定!したメニュー。

春を贅沢に詰め込んだ、スペッシャルなBOXとなりました。

237a3208

<ピクニックおやつBOX_1>

・てづくりくんクッキー
・桜シフォン
・ラズベリーメレンゲ
・ラズベリーチョコフランタルト
・いちごコンフィチュール

最初は「いちごと○○」でつくろうと思っていたけれど、

やってきたいちごが本当においしくって!

そのままのおいしさを生かした、いちごコンフィチュールです。

237a3176

<ピクニックおやつBOX_2>

・てづくりくんクッキー
・桜と抹茶のケーキ
・ラズベリータルト
・薄焼きいちごパイ
・全粒粉くるみスコーン

サクッと軽い食感のパイに、いちごをサンド。

薄くしのばせたアーモンドクリームのコクが、

おいしさのヒミツ。

こちらもどんなスコーンにしようか悩んだけれど、

あえて凝らずに、ホッとする素朴なおいしさに。

-

-

「メニュー内容の見直し、春というキーワード。

価格設定の制限など、いっぱい悩んだお陰で、

そこから生まれたお菓子に新発見があったり、

とてもたのしくつくることが出来ました。

-

初めての試みにドキドキですが、、

お菓子がたくさんの方の手に渡り、

幸せな時間を過ごして頂ければうれしく思います。

(菓子工房ナボットさんより)」

-

-

どちらか、ではなく、「どっちも食べたい!」な、

おやつBOXです。

インフォメーションブースにて限定販売いたしますので、

237a3184

ぜひぜひ、みなさま。

Let's go to the picnic!で。

-

3/21 presents

1200yen / box

-

-

----------------------------------------------

3.21presents

木の下の古絵本やさん&ユウコさんの読み聞かせ

----------------------------------------------

Img_2929

みなさまから寄せて頂いた古絵本を

インフォメーション横の木の下に並べます。

家にある読まなくなった古絵本を持って来てくれたら、

交換もしますよー。

-

そして、その隣りでは、市スタッフ / ユウコさんによる

絵本の読み聞かせもあり。

-

小学校で読み聞かせのボランティアを行っているユウコさんに、

絵本のセレクトはお任せしました。

いったい、どんなお話に出会えるでしょうか??

わくわく。

どうぞお楽しみにー。

1

「ピクニックおやつBOX」の売り上げの一部と、

「木の下の古絵本やさん」の売り上げ全額は、

インフォメーションブースに設置している

「東日本大震災義援金箱」に充てさせていただきます。

-

震災から5年経ちました。

あの震災の日の次の週に開催を控えていた市。

-

私には正しさを持って、

全てのひとを納得させる言葉を持てないけれど、

今、この状況に置かれ、先のことを思うとき、

この場所から、たくさんのひとと考えていきたいことがある。

ほとんどのものづくりが、効率や価格の安さを求めて進み、

またその恩恵を受けている私たち。

その中で、矛盾を抱えながらも、

自分の手でものをつくり続けたいというひとたち。

また、そうやってつくられたものを大切に見て下さるひとたち。

ともに考え、進んでいける場所でありたい。

-

-

という思いは、5年経った今も変わることはありません。

このときから設置をつづけている「東日本大震災義援金箱」には、

この5年間の開催で、529.027円を

寄せて頂きました。

-

2011.3.11からはじまった、

終わることのない震災の傷跡で

つらい思いをしつづける子どもたちのために、

これからもできることをつづけていきたいと思います。

-

それぞれのやり方があって、私たちのやり方があって。

それぞれの思いがあって、私たちの思いがあって。

-

-

-

2016321dm_3

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

◎ご来場は電車で!

◎市は10時からスタートですよー。

◎売り切れの際はごめんなさい!

-

-

-

2016.3.21の市のこと



2016-03-19

38_WORKS.

21日、お天気大丈夫そうですね。

あぁ、よかった。。

-

なので、最後に私たちの紹介を

チラリとさせてください!

-

-

-

38_WORKS. - miyai_works.-

38_works


 

2009年より「38/W PHOTO.」として、

撮影活動を開始した宮井貴弘と、

「prpduct by 38_WORKS.」として、

風合いのある生地をそのまま纏うような、シンプルな服の製作や、

撮影した写真を用いた印刷物などのデザイン製作を行う、

私、宮井美咲と、

はると(8歳)つむぎ(2歳)の家族4人で活動しています。

-

はるとがうまれたことがきっかけで

はじめたこの市。

(はじめたきっかけや思いは過去に書いたものがあります。

よかったらのぞいてみてください 。

「手づくりの市へようこそ。」

-

-

-

3年前には、旦那が生まれ育った大阪・羽曳野市通法寺町の

山の中に放置されていた農小屋を

自分たちでコツコツ改装し、

Img_7689_3

撮影スタジオ「38_Field.」を設立。

237a79391jpg_3

撮影スタジオのまわりに溢れる

豊かな自然を生かした家族写真を撮ったり、

237a20951

出張撮影など、カメラ片手に

あちらこちらお邪魔しています。

Img_4635

つかいたい写真台紙が見つからなかったので、と

写真台紙は旦那が製本技術を用いて、

1冊1冊製作しています。

最初は独学で試行錯誤していた台紙も、

今では製本の先生や製本所さんの力もお借りしながら、

より完成度の高いもの、耐久性の高いものへと

ようやく納得できるものが製作できるようになりました。

-

生地を1枚1枚裁断するのも、

アイロンをかけ、裏打ちするのも、製本するのも、

今のところ、全て旦那が1人で行っています。

-

まさか夫婦で同じ生地を扱う仕事を

することになるなんて、あぁ、不思議。

-

カメラマン、服づくり、デザイン製作。

そのどれもが、その仕事についた経験がなく、

「やってみたい!」からはじめたものばかり。

Img_4611

その写真台紙を収める箱も昨年末、

ご縁があって、奈良の箱屋さんに製作していただきました。

237a2202

たくさんの紙見本から、奉書紙をセレクト。

手触りのあるざらりとしたこの紙で、

職人さんに1つ1つ手貼りしてつくっていただき、

237a2194

ロゴを空押し。

237a2198

白の箔押しで仕上げたものと

2種類つくりました。

-

「手触りのある、いとおしい写真を」

Img_0367

市でもカメラを持って、

ウロウロしていると思います。

ぜひぜひ撮影させてくださいね。

Img_3937

「prpduct by 38_WORKS.」としては、

つむぎの保育園も無事に決定。ということで、

この春からは、服の製作アトリエを

自宅から小屋のある通法寺町へ移転し、

10月に小屋で予定している服の展示会に向けて、

コツコツと製作をしていこうと思っています。

-

といっても、まずはしばらく使われていなかった

事務所の2Fを改装するところから。

光と風の通り抜ける、気持ちのよいアトリエに。

さぁ、どうやってしようかなー。

Dscf2114

そしてそして、小屋の隣りの土地に

木を1本1本植え、小径をつくり、

探検できる小さな森「38_Park.」も整備スタート。

もうひとつあるボロボロの農小屋も手直しして、

展示もできるような秘密基地もつくりたいし、

畑もしたい。

-

あれもしたい。これもしたい。と

妄想だけはいつでもいっぱいあって。

出来るか、出来ないか、は関係なしで、

どうやってやろうかな。と

1つ1つ、頭と身体をめいっぱいつかって、

カタチにし、育んでいきたいと思います。

市と同じように、今まで通り、これからも。

-

-

-

38_WORKS.

http://38-works.com

nana bagel / 革もの工房tickle

<2016.3.21出展者のみなさまご紹介>

-

-

nana bagel

 

1

三重県伊賀市の自宅の隣りに工房を構え、

ベーグルを焼いておられる「nana bagel」さん。

-

「すごい食いしん坊なんです。私」というnanaさんが、

食に関わる仕事に携わる一方で、

夜間に製菓やフードスタイリストの学校に通い、

「いつか自分で食べ物屋さんをやりたい」と

ずっと温めていた思いを実現したのは、

40歳を過ぎてから。

-

「まずは美味しいこと」「安心して食べてもらえるもの」

自家農園でほとんど無農薬で栽培しているという

お野菜や果実をつかって、

国産小麦の香りを最大限生かすよう、

低温で長時間の発酵をとる方法を用いて、

ベーグルをつくっています。

-

やさしい甘みで、

むっちり。と噛むほどにおいしいベーグル。

-

つくることの出来る数に限りがあり、

申し訳なく思いながらも、、

納得できる「おいしいベーグル」を届けたくて。

Nana

前回の市でも好評だったという、

自家製の柑橘ピールを練りこんだベーグルと、

ヨモギを練り込んだベーグルなど、

春らしいメニューを含めた6種類のベーグルが並ぶ予定です。

-

-

-

nana bagel

http://nanabagel.blog.fc2.com/

-

-

-

とうとうご紹介、最後の出展者さんとなりました。

市スタッフとしても活動してくれている

こちらのご夫妻。

革もの工房 tickle

Tickle

この市の第2回目の開催に

初めて出展してくれた宮崎夫妻。

-

自分たちが欲しいものは、自分たちでつくる。たのしむ!

な、ものづくり、DIY大好きな2人が、

「tickle」としての活動をこの市からスタートさせたという、

私たちにとっても、うれし誇らし。なご縁です。

Dsc09033

あれから月日が流れ、

奈良の自宅の一室を工房にして、

「革もの工房tickle」として活動を新たに

再スタートさせたのは、3年前のこと。

-

ランドセルの工房で職人として働いている旦那さま。と

その旦那さまに弟子入りし、日々、技術の鍛錬に取り組む

奥さまの2人で、革かばんや小物を製作しています。

Dsc03414

「遊び心くすぐる装いのひとつとして」

丁寧な下処理と縫製で気持ちを込めて仕立てたものは、

まるで我が子のようにいとおしいから。

「おくるみ」という名の布袋に入れて、お客さまの元へ、

届けられます。

-

今年からは、セミオーダーの受付も開始!とのこと。

ブースでもぜひぜひ相談してみてくださいね。

-

-

-


革もの工房 tickle

http://tickle523.blog.fc2.com/

-

-

-

と、これまで44ブースの出展者のみなさまを

ご紹介させていただきました。

たくさんのお申し込みの中から、

メッセージを託し、託された44ブースの方たち。

-

たくさんの、誰かの情報ではなく、

自分の身体と心で触れて、

心が震えるものを。

実用的であろうとなかろうと、

物欲。ではなく心を満たすものを。

-

うれしい出会いがひとつでも多く、

この市からうまれますように。

2016321dm

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

-

2016.3.21の市のこと

2016-03-18

ひよこ珈琲 / VIORIN/cashuna / tubu

<2016.3.21出展者のみなさまご紹介>

-

-

ひよこ珈琲

Hiyoko_2

大阪・八尾市にある自家焙煎珈琲屋「ひよこ珈琲」さん。

-

「ひよこベーカリー」から「ひよこ珈琲」として

再び立った秋の市。

-

外でコーヒーを淹れることが本当に難しかったことや、

いろんな思いも感じられたようで、

「次にやるべきことを教えてくれたので、

 次の自分のカタチが見えてきたら、

 そっとまた応募します。」

と出展の後、私に伝えてくださいました。

-

私はゆっくりその日が来るのを待ちたいな。と。

出展してほしいひとに、「出展してください」と

言うのは簡単なようで、私はしないと決めていること。

「出展したい」と思ってもらえる場所を

真摯につくることにまっすぐ思いを注ぎたいから。

そのひとが思うタイミングで、申し込みしてもらえることを

静かに待ちたいから。

-

そんなこんなで、しばらく市ではお会い出来ないかなーと、

思っていましたが、

私にとっては思いのほか、早く「ひよこ珈琲」さんが

帰って来てくれました。

-

ゆったりと一杯ずつの

「ふつうの」コーヒーを淹れます。

出展したい理由は、、えーっと。

うーん。出たいから。です。

自分なりの、自分らしい出展が、

今なら出来るかもしれないと思いました。

自分のために出たいなーと。

-

彼らしい言葉に、思わず笑ってしまう。

-

豊富な種類も、珍しい種類の豆があるわけでもない、

町の小さなコーヒー屋だというが、

彼にとっては、「コーヒー」はただの茶色い飲み物。ではなく。

ひととひとをつなぐもの。

ひょっとしたら、コーヒーじゃなくても、

よいのかもしれない。

たまたまコーヒー。くらいの。

でも、「ひよこ珈琲」で。と心を寄せる人がいる、

不思議な力を持ったコーヒー。

-

1つの出会いに心をこめて。

名前さえ聞かない、言葉も交わさない小さな出会いにも

後ろ姿をじっと見送るような人でいられたらな。と

思っています。

-

-

-

春の市は、お客さまにはもちろん、

潔さんにもめいっぱい楽しんでもらえるといいなぁ。

-

ひよこ珈琲

http://www.eonet.ne.jp/~pretzel/

-

-

-

VIORIN/cashuna

(バイオリン/カシュナ)

-

-

-

淡路島で食堂カフェ「VIORIN」を営み、

「cashuna」としてリメイク雑貨やアクセサリーを

製作している大倉知映さん。

-

前回の市に、淡路島から遊びに来てくださっていたそうで、

かなーり久しぶりの出展となります。

-

淡路島までは、藤井寺からは車で1時間半ほど。

移住者の方も増え、いろんなプロジェクトが興っていたり、と

おもしろそうな、たのしそうな空気がムンムンの淡路島。

-

そんな島の空気をいっぱい吸い込んだ、

アクセサリーや雑貨たちがはるばるやってきます。

-

-

VIORIN/cashuna

http://viorin70.exblog.jp

-

-

-

tubu

Tubu

手を動かすのが、小さな頃から好きで。

大阪市内にあるカフェで働きながら、

アクセサリーを製作している「tubu」さん。

-

春だし、新しいものがつくりたいな。とか、

来てくださる方も新しいものがあった方が喜ぶかな。とか、

やりたいことと、できることは違うな。とか、

できるかわからないな。とか、

-

いろんな気持ちが重なって、

実は今回、出展申し込みを止めておこう。と思っておられたんだそう。

-

その時に、私が以前に書いた「Let's FLY!」という文章を

タイミングよく見てくださり、

「うんうん、そうだそうだ。」と思いを改め、

申し込みをしてくださったというから、

わぁ、びっくり。うれし。

(ほかにもそう言ってくださった方がいらっしゃって、

さらにびっくり。)

-

「完璧でなくてもいい。出来ることから」

着けたいな。着けてみたいな。って、

シンプルに思ってもらえるように。

その人のものになるように。

つくりたい、出来ることから始めたいと思います。

-

と、今のtubuさんがカタチにしたいと

ほんとうに思ってつくったものを。

自分の感覚を大切に、つくったものを。

きっとお持ちくださるはずです。

-

-

-

-----------------------------------------------------------------------

3月の市に向けて、

「こんなん、つくりたい!」という嫁の思いつきを

またまた旦那がカタチにしてくれてる。

-

ギリギリだけど、間に合うはず。

237a3318

237a3317

1文字ずつ間隔を調整したので、

あとはこれをカーボンで写し取って、

ペンキで塗って完成!

Photo_2

3月の市は、はるとが考えてくれた

「てづくりくん」があちらこちらで、

活躍してくれそうです。

-

-

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

駐車場が大変混雑します。

公共機関(近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分)の

ご利用をおすすめいたします。

321a3

「道明寺駅」から

「道明寺天神通り商店街」を通って、

道明寺天満宮へ。

-

今回も、市に合わせて、

「ふれあい広場」が開催されます。

-

おいしいもの。素敵なもの。がにぎやかに。

市と合わせて、ぜひぜひ楽しんでくださいね。

 

2016-03-17

フランス菓子ひなた堂 / humming bird / order-made flower label momo

<2016.3.21出展者のみなさまご紹介>

-

-

フランス菓子ひなた堂 / humming bird

Photo

フランスの郷土菓子や伝統菓子を

つくっておられる「フランス菓子ひなた堂」さん。

-

5月ではダメなんです。

ボンボンショコラにレーズンサンド。

今の時期しか出せないお菓子なんです。

パイのお菓子も自慢のお菓子なんです。

(これは5月もあるかもしれないけれど)

-

と出展申し込みの記載。

今回、焼き菓子屋さんからのお申し込みが

いつもよりはるかに多く、

また市でもおやつBOXを企画する予定だったことから、

う”ーーーーーーーーーん。と悩みに悩んでいましたが、

-

このひなた堂さんの言葉が、

心にズドーンと響いてしまったものだから、

同じく申し込みくださっていたhummingbirdさんといっしょに

お菓子販売をしておられるつながりを知っていたこともあり、

無理言って、、ひとつのブースでお願いしてみたところ、

それぞれ、食べてほしいというお菓子を

いっぱい持ち寄る。ということで、

出展を快諾してくださいました。

Imgp3414

ひなた堂さんからは、

フルーツやスパイス、お酒などで風味をつけた

ボンボンショコラは、美しい余韻が口いっぱいに広がる名品。

レーズンサンドはやさしい味わいのバニラのサブレに

ホワイトチョコ入りのミルキーなバタークリームと

特製のラムレーズンをサンドしたこれまた名品。

-

気温が高くなるとつくらないもの。とのことで、

そう言われると、何が何でも食べておかなきゃ!ってなりますね。

-

ひなた堂さんのお菓子や言葉には、

ハンパない熱量が込められているから、

受け取る側も食いしん坊であることを少しも隠すことなく、

ブースに突撃してゆきたい。と思う。

-

そんなみなさまの突撃も

力強く受け止めてくださるであろう、

ひなた堂さんの言葉を最後にどうぞ。

-

お菓子屋さんが多いと、

お客さまは好きなものをあれこれ買えて楽しいでしょうし、

私としても、「負けてなるものか!」と

より気合いが入ります。もちろん勝ち負けなんてないのですが、

より美味しくて魅力的なメニューを考えたいと思います。

-

3月が1番お菓子が充実していて、

おススメのお菓子ばかりです。

つくりたいお菓子、

食べて頂きたいお菓子がたくさんありますので、

ぜひみなさま食べてください。

Humming_bird_2

そして、八尾市に工房を構える「hummingbird」さん。

国産やオーガニックなど素材はもちろん、

食感や食べるときのこともちゃーんと考えた

クッキー屋さん。

P1060359

こちら「フロランタン」

ハミバ的言い方だと「キャラメルアーモンドのせクッキー」

となるらしい。

-

粗めに砕いたアーモンドをキャラメルに混ぜ、

しっかりと焼き込むことで、

ガリガリと食べ応えのある食感に仕上げたという

フロランタンは、これを知ってしまうと、

一般のフロランタンが物足りなく感じてしまう、

humming birdさんらしさが詰まったクッキー。

-

家族の分も。と買うものの、

いつも1人で全部食べてしまう、魅惑の一品。

P1060361_2

こちらは焼成前の「チャイクッキー」

まるで割り箸みたいな、細長ーい形はナゼ???と思いきや、

スパイスがしっかり効いているので、

少しずつ口に入れて、味わえるように。と

この形にしたんだそう。

-

一見、地味なこの子ですが、

ほーーんとうにおいしい。

チャイ好きな方にはぜひぜひお召し上がりいただきたい。

P1060365

そう、ハミバさんのすごいところは、

クッキーのイメージに近づくように。との試行錯誤が

もうこれでもか!ってところ。

妥協が一切ないところ。

-

そこまで出来ないよね、、!?と言うと、

いつも食べてくださったり、

応援してくださっている方がいるのだから、

手を抜いたり、楽をしたり、なんて、嫌だ。ときっぱり。

-

-

信頼できる味。というのは、

こういうことなんだ。

-

-

とここまで書いて、ハミバさんからメールあり。

P1050626

寒い時期だけ。販売している、

ココア生地×ミルクチョコ。と

P1050636

ココア生地×ホワイトチョコ

気候的に今年最後の販売になるかも!?のこの2品。

天気予報の気温を見て、

「持って行く。と決めた!」との連絡。(わぁーい!)

-

-

自分のつくるお菓子に対して、

真っ直ぐ情熱を注ぐお2人が、

ひとつテントの下で、お菓子を並べます。

-

悩むの必至、、、

-

-

フランス菓子ひなた堂 

http://hinatadou.exblog.jp

 humming bird

http://www.hummingbirdsk.com/

-

-

-

Momo

order-made flower label momo

-

-

大阪 / 帝塚山にアトリエを設け、

ブライダルフラワーのデザインや、

フラワーレッスンなどを行っている

「order-made flower label momo」さん。

 -

生花やハーブなどがもっと身近に、

暮らしの中に取り入れられるように、と

作品の販売や提案、ワークショップなどの活動を行っています。

-

ワークショップをメインとしたブースで、

私たちの市には初めてのご出展してくださることに。

P11802702blog

<WORK SHOP / アロマワックスをつくろう>

溶かした蜜蝋に、オーガニック精油とドライハーブを散りばめて。

火を灯さないアロマワックス(キャンドル)を

ブースにておつくりいただけます。

参加費用 / 1500円(税込)

◎空きがあれば、随時参加していただけますが、

 場合によっては、お待ちいただくこともあります。

-

お子さまから大人の方まで。

小さなお子さまも親御さんの付き添いがあれば、

参加していただける内容とのこと。

P1180879blog

先日、プレゼントでいただきましたが、

香りがとてもよいアロマワックス。

玄関とクローゼットにそっと忍ばせています。

目に入るたび、うっとり。な美しさ。

-

おいしいお菓子をつくるように。

五感をいっぱい働かせて、素敵なアロマワックスを

ぜひぜひつくってみてくださいね。

P1180478blog

ユーカリやハーブをつかったスワッグ(壁飾り)や、

リースなどの販売もありますよー。

-

-

-

order-made flower label momo

http://ofl-momo.com/

-

-

-

---------------------------------------------------------------------------

321

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

-

雨の場合は、開催場所/時間が変更となる場合があります。

その際のお知らせはHP/ブログにて行いますので、

ご確認くださいませ。

2016-03-16

2016.3.21 MAP

2016321

当日の会場MAPです。

出展者さんにあらかじめお聞きしている什器やテントサイズ、

ご要望など加味して、配置を決定しています。

-

出展者のみなさま、

もし何かありましたら、お知らせ下さいませ。

-

遊びに来てくださる予定の方は、

当日どこから回ろうか。わくわく。。と

ぜひぜひ作戦立ててみてくださいね。

-

※テントで木の枝を傷めてしまいそう、、など、

事情がある場合は、やむを得ず、

当日、位置を入れ替えることもあります。

事前にシュミレーションしているのですが、、こればかりは

当日になってみないとわからない、、という部分がありまして。

その場合はご了承、ご協力よろしくお願いいたします。

Boxpop

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

-

2016.3.21の市のこと

-

雨の場合は、開催場所/時間が変更となる場合があります。

その際のお知らせはHP/ブログにて行いますので、

ご確認くださいませ。

2016-03-15

kaon / あかりカフェ

<2016.3.21出展者のみなさまご紹介>

-

-

kaon

Kaon

綿を紡ぎ、植物から色を受け取って染め、布を織る。

-

春に向う粒子の流れやきらめき、

命が育まれ、流れ出すエネルギーを感じながら、

季節の巡りに添うように、

手を動かし、つくるもの。

-

そんなふうにしてkaonさんがつくるものは、

「もの」が出来上がるまでの工程や風景が静かに感じられ、

ただ、ここにあるだけで、とても豊かな気持ちになれるから不思議。

-

土を耕し、種を播いて育てるように。

日々のことに向き合う中で、うまれてくるカタチを大切に。

-

綿の手紡ぎ糸と布、

アクセサリーや小さなものたちを。

Image1106

季節の手紙を渡すような、そんな気持ちで、

春の市にお持ちくださいます。

-

-

3/18から企画展にも参加されるそうですよー。

TEDUKURI NO 掲示板に載せています。

-

-

-

あかりカフェ

藤井寺市にある「あかりカフェ」さん。

お料理はお父さま、お菓子づくりは娘のmegumuさん。

接客にはお母さまと育児休業中のayumuさんの

ご家族で切り盛りしておられます。

-

宮井家でも利用している

「安全な食べものネットワーク オルター」の素材や、

おいしいお野菜をつかってつくるごはんや焼き菓子。

たくさんのメニューなのに、

ひとつひとつのメニューが丁寧につくられているのが、

ちゃんと伝わってきて、食べるのがうれしくなるから、

無性に食べたくなって、

つむぎと自転車でビューンと、時々、出掛けて行きます。

-

3月の市は初めて出展した季節だから。

とお店をお休みにして、今回も出展してくださることとなりました。

-

お店のメニューでもあるキッシュや、

Photo_2

定番のあかりクッキーに、

Photo

古墳クッキーをはじめ、

シフォンケーキやタルトなどのケーキや焼き菓子、

そして、市スペシャルの白玉入りおぜんざいも、

お持ちくださる予定だとか。

Photo_5

作家としても活動しているmegumuさんが手掛ける

紙雑貨は、草花をテーマにシルクスクリーンで制作。

紙好きにおすすめしたい、おりがみや包装紙など、

新作あり。という、うれしいお話も。

-

そしてそして、図々しく、

「お父さまがつくるとってもおいしいスープも

ぜひ食べたいです!」とお伝えしてみたところ、

「喜んでつくります!」とこれまたうれしいお話。

-

お野菜と豆をたっぷりつかって、

自家製の塩こうじだけで煮込んだスープは、

作り方は聞くと簡単なのに、

奥行きのあるじんわりおいしいスープなんですよ。

-

家族が得意なことを持ち寄って、

形づくる「あかりカフェ」の

おいしい、かわいい。世界をぜひ。

-

-

-

あかりカフェ

http://blog.goo.ne.jp/cafe-akari

-

-

-

----------------------------------------------------------------------------

237a3159

市でご用意する「おやつBOX」

つくってくださる菓子工房ナボット/みつえさんと

中身について相談していた時、

「あれも食べてもらいたいな」「あっ、これも」

「こんなのもつくってみたい」「あっ、あれも」

と欲張ってしまって、さて、どうしよう!?

-

で、開催まで1週間切った今日、

お菓子の内容がようやく決まりそうだと連絡いただく。

(ギリギリまで喜んで頂ける内容を考えたい。と

いまだに悩み中のものもあり。とのこと。)

-

やっぱりおやつBOXは2種類をご用意。

どちらにも春をいっぱい詰め込んで。

私の方は、慌てて名前を考え中です。

Photo_3

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

-

雨の場合は、開催場所/時間が変更となる場合があります。

その際のお知らせはHP/ブログにて行いますので、

ご確認くださいませ。

2016-03-14

saredo-されど- / 咲たこ / ハルワ食堂

<2016.3.21出展者のみなさまご紹介>

-

-

saredo-されど-

Saredo

ito と hito を繋げる仕事をするカヤザワアリアツさんと

写真と編物をするカヤザワリョウコさんご夫妻による

「saredo-されど-」。

-

落ちわた100%で紡いだリサイクルコットンを

2種類の染め方で仕上げた36色のito(糸)

その名も「 RECYCLED COTTON 100、re-specked cotton」

提案。

-

手織りや手編みの素材にする。などなど、

手にするひとの想像/創造をわくわく刺激してくれる

色とりどりの糸たち。

-

その糸をつかって、作家としても活動する

カヤザワリョウコさんが手掛けた作品や、

奈良の工場さんとともにつくった靴下や、

大阪の工場さんとともにつくったニットの帽子など、

暮らしに寄り添う sare 道具(されどもの)が大集合。

-

3月の市には、

落ちわたリサイクルシルクとコットンをつかった

「cirque du soie(絹のサーカス)」が登場。

-

saredo-されど-が新たにリリースする

リサイクルマテリアルの手触りや質感を

ぜひぜひ手にとって確かめてみてください。

12571214_957332594357275_1581999588

 

saredo -されど-は「わたの和」rin-輪-cotton プロジェクトという

プロジェクトとリンクしていて、糸や製品の売上の3%を

ドイツ国際平和村に寄付する活動もしております。

saredo-されど-

http://saredo-watanowa.hatenablog.com/

-

-

-

咲たこ

Sakutako

京都中央卸売市場にお店を構える「咲たこ」さん。

自慢のたこ焼きは、

京風だしをしっかりと効かせた生地に、

低農薬栽培の京都・九条ネギと国産小麦、

天然着色の紅ショウガを加え、

銅板でたこ焼きを焼き上げるというもの。

-

卸売市場に集まる、食のプロたちを相手に

商売してきた「咲たこ」さん。

そりゃあ、中途半端なおいしさでは敵いませんから、

厳選した材料で、ほんとうにおいしいたこ焼きを。

Photo

「京風たこ焼き」のお味は3種類。

◎ぶっかけネギだし醤油

 京都九条ネギをたこ焼きの上にたっぷりと。

特製だし醤油をぶっかけていただきます。

◎オリジナルソース

昔ながらのたこ焼きソース。不変のおいしさ。

◎甘辛ソース

絶妙なピリ辛が食欲をそそります。

-

-

あぁ、悩む。どの味にしよう、、

-

-

咲たこ

https://www.facebook.com/kyotosakitako

-

-

-

ハルワ食堂

1

藤井寺のとある路地奥にある、

小さなお店「ハルワ食堂」さん。

第1回目から出展してくださっているという、

この市とは縁の深ーいお店です。

-

3月の市では、いつものクスクス、、ではなく、

お店で提供している「鶏肉のフォー」を

ご用意くださるとのこと。

(あっ、写真はクスクスです、、)

-

私は今まで食べたことのない、お初の「フォー」とは、

鶏肉と生姜や葱から取った出汁に

ヌクマム(ベトナムの魚醤)などで味付けししたスープに

フォー(お米の麺)を合わせたベトナムの代表的なお料理。

-

店主さんが、バックパッカーで旅を始めたときの

最初の国だったのが、このベトナムで、

南から北の端まで旅するほど、その空気にどっぷりはまった後、

ベトナム料理店で働き、さらに食と文化を深めていった。

というほど、大好きな国のひとつなんだそう。

-

そのベトナムの国民食であるフォーは、

定期的に食べたくなるほど、大好きな料理で、

お子さまにも人気のお料理。

-

イベントでは初登場。のこのフォー。

まだまだ肌寒いこの時期、

フォーが大好きな方も、食べたことのない方にも、

温かくおいしく召し上がって頂き、

みなさまのお気に入りに仲間入りしますように。

-

ブースの隣りに食べて頂ける小さなスペースをご用意しますよー。

市場の一角の小さな屋台みたいになるかなぁ。

-

-

-

ハルワ食堂

http://halwashokudo.blogspot.jp/

-

-

-

-------------------------------------------------------------------------------

237a3194

インフルエンザにかかるまい!と

ヨーグルト活動に励んでいる宮井家。

-

ココナッツときな粉でつくったグラノーラと

いちごジャムでいただきます。

-

いよいよ来週ですよー。

Boxpop <TEDUKURI NO ピクニックおやつBOX 特別販売>

-

道明寺天満宮手づくりの市

2016.3.21(月_祝)

10:00open!

-

雨の場合は、開催場所/時間が変更となる場合があります。

その際のお知らせはHP/ブログにて行いますので、

ご確認くださいませ。

2016-03-13

てにはてを / aco / yoake

<2016.3.21出展者のみなさまご紹介>

-

-

てにはてを

Dsc_0433

いと。と、いろ。

そのあいだを気ままに

行ったり来たりしながら、

たのしんでいる「てにはてを」さん。

-

さをり織りで、そのときどきに降りてくるいろ。といと。で、

自由な織り物こものを制作しています。

-

もう、8年か9年・・

さをり織りをしているのに、

いと。に囲まれて、いろ。を選んでいるときの

うれしさはちっとも変わらず。

-

直感を大切に。

伝わるものがどこかシンプルでありますように。

-

今回は、定番のウール糸のものに加え、

綿の糸をつかった”まきものぐるり”も並ぶようですよー。

-

-

-

てにはてを

https://www.instagram.com/teniwa_tewo/

-

-

-

aco

ひとつひとつ違うものを。

使いながら、手垢や使い癖などで、

ゆっくりじわじわと自分のモノになってゆくようなものを。

制作しておられる「aco」さん。

Img_20151125_113829

日々の中で、ぷぷぷっと、

心が和らぐようなモノを。

子どもたちと過ごしながらの製作で、

時にバランスを取れなくなる時もあるけれど、

子どもたちからもらっているユーモアやパワーが

今のつくりたいモノの原点になっているというacoさん。

Img_20151115_073915

前回が私たちの市に初めての出展だった「aco」さん。

ずらり並ぶこの子たちの豊かな表情を

ひとつひとつじっくり眺めていると、

時間がいくらあっても足りなーい!の声あり。

-

目が合って、気になって仕方ない子を

「運命の子」だと思って、

どうぞ連れて帰ってあげてください。

-

-

-

aco

http://aco-holic.tumblr.com/

-

-

-

yoake

Yoake

レース糸や絹糸で編んだ

小さなモチーフのアクセサリーを制作している

「yoake」さん。

-

小さな頃から、手を動かすことが大好きで、

近年になって、特に細かく繊細な手工芸に興味を持ち、

3年前からはじめたというレース編み。

-

自分の好きな世界観を織り込んで、

それが誰かの好きと繋がれたら、

どんなに楽しいだろう。と

その喜びを表現する形として「yoake」の活動を

はじめられたんだそう。

-

決して華美ではないけれど、

繊細で丁寧に編み上げたものを。

-

-

10ヶ月のお子さんのおかあさんでもあるyoakeさん。

いろんな役割の中で忙しくなる毎日の中に、

自分の手で丁寧に「つくる」「生み出す」を通じて

得られる心の豊かさを今まで以上にどんどん育んでいけますように。

と5年前に初めて訪れたというこの市に

今回初めて出展してくださいます。

-

-

-

yoake

https://www.instagram.com/___yoake___/

-

-

-

--------------------------------------------------------------------------------

2016.3.21(月_祝)

10:00 open!

237a3187

<TEDUKURI NO ピクニックおやつBOX 特別販売>

「菓子工房ナボット」さんに、

大きなてづくりくんサブレを

特別につくっていただき、

春のお菓子といっしょに詰め込んだ、

[TEDUKURI NO ピクニックおやつBOX]をご用意します。

<3/21の市のこと>

-

-

5月の開催日が、

2016.5月29日(日)に決まりました!

出展申し込みの受付は、

2016.3月28日(月)〜4月3日(日)の期間で行います。

詳細はHPにてお知らせいたします。

ご不明な点やご質問などありましたら、

お気軽にお尋ねくださいね。

 

 

2016-03-10

Votre page / お茶とお菓子 春色

<2016.3.21出展者のみなさまご紹介>

-

-

Votre Page

Votre

14kgfワイヤー、白や黒の天然石、木の玉を

主な材料につかって、アクセサリーを製作している

「Votre Page - ボートルページ」さん。

-

単純な材料だからこそできる、

ニュアンスのあるものづくりを心掛けて。

身につけたときに意外性があることもポイントで、

たのしんで製作しているというアクセサリー。

-

アクセサリーと

そこに付随する何か。

纏う空気。

-

出来上がる「もの」だけでなく、

そこに意識的、無意識的に投影される

つくり手としての在り方や姿勢にも

大切に思いを巡らせている。

食いしん坊なチャーミングな姿もありのままに。

-

胸を高鳴らせて形づくるアクセサリー。

身につけたひとだけの宝物を。

-

-

わたしにとって手づくりの市は

始まりで終わりでまた始まりの場所です。

-

初めての出展から月日だけが過ぎていきますが、

わたしはいまだに不完全なままです。

-

理想像に近づくために

今できる精一杯のしごとをしていますが、

迷いはつきもの。

そんな時、手づくりの市に出展するイメージをすると

いるものといらないものがはっきりするんです。

-

そして迷いつつも確信を得たものを

あの場所でお披露目をして、

また課題をもらって帰るのです。

-

-

-

Votre Page

http://votrepage.strikingly.com/

-

-

-

お茶とお菓子 春色

Photo

奈良県桜井市で、週に1日ひらく

お茶とお菓子のお店「春色」さん。

-

6年くらい前、

ある一軒の小さなカフェと出会い、

その空気に吸い込まれてしまったから。

-

私もこんな場所をつくりたい。という思いで、

練習や経験を積み上げ、

自宅敷地内にあった古い平屋を改装し、

優しさと温かさに満ちた、ひとつの場所が生まれたのでした。

-

娘さんが10歳を迎えた誕生日の日のことだそうです。

-

市にはお店をはじめる前から

遊びに来てくださっているとのことで、

今回、出展者として初参加。

Photo_2

自家製のキャラメルクリームを

混ぜ込んだキャラメルシナモンケーキや、

Photo_3

きび糖のクッキーや、

きび糖のお豆腐のドーナツ、

そして、春色さんと言えば、のレモンケーキ。

-

たくさんの種類はないけれど、

自信を持って心を込めてつくることができる、

春色の自慢の子たちを。

-

市を訪れるひとたちの、

心からくつろぐことのできる場所に

寄り添えるよう、祈りを込めて。

Img_1028

お茶とお菓子 春色

 http://haruiroemi.exblog.jp/

-

-

-

237a2192

今回のDMに小さくつかわせてもらった

「春色」さんのはちみつ檸檬。

いただいたとき、あまりの美しさに息を飲んでしまいました。

-

遠くまで出掛けて行かなくても、

美しい色や形、風景は、

日常の中にたくさん在るような気がします。

その美しさを感じる心の有り様次第。

-

この瓶が私にもたらしてくれたのは、

おいしさ。だけで終わることのない。

美しい風景とつくった彼女の温かな心遣いがくれた

しあわせでした。

-

こちらは非加熱製品なので、市には登場しません。

「春色」さんのお店でぜひどうぞ。

-

-

---------------------------------------------------------------------------

237a3190

<TEDUKURI NO ピクニックおやつBOX 特別販売>

「菓子工房ナボット」さんに、

大きなてづくりくんサブレを

特別につくっていただき、

春のお菓子といっしょに詰め込んだ、

[TEDUKURI NO ピクニックおやつBOX]をご用意。

-

春いっぱいつめこんで、

みなさまにお届けします。

321

今回はたくさんの焼き菓子やさんが参加します。

いろんな種類を食べ比べたり。

同じ焼き菓子の違いを楽しんだり。

おいしい市。をどうぞ楽しんでください。

<3/21の市のこと>

-

-

5月の開催日が、

2016.5月29日(日)に決まりました!

出展申し込みの受付は、

2016.3月28日(月)〜4月3日(日)の期間で行います。

詳細はHPにてお知らせいたします。

ご不明な点やご質問などありましたら、

お気軽にお尋ねくださいね。

フォトアルバム

38_WORKS.

<38/W.PHOTO>

撮影スタジオ38_Field.

道明寺天満宮手づくりの市

NEXT 2017.3/20(月・祝)

出展申し込み受付   2017.1/9(月)〜 1/15(日) 詳細はHPでご確認ください。

product by 38_WORKS.

a day